【東京】立憲民主党の蓮舫副代表は15日の参院予算委員会で、沖縄で官民ファンド事業を展開する吉本興業の大崎洋会長が、内閣府の「基地跡地の未来に関する懇談会」の有識者委員となっていることに、「(首相に近い人物が関わった)森友・加計(問題)とまったく同じ構造だ」などと批判した。