沖縄県の沖縄署(大城辰男署長)は15日、今年8月に体調不良で路上にうずくまっていた女性(65)の救助に貢献したとして、安慶田中2年の仲村綺良々きららさん(14)と金城李香ももかさん(13)に感謝状を贈呈した。同校体育館で開かれた贈呈式には救助を受けた女性も参加し、女子生徒らと約2カ月ぶりに再会して感謝の思いを伝えた。

沖縄署の大城辰男署長(左端)から感謝状を受け取った安慶田中2年の金城李香さん(左から2人目)と仲村綺良々さん(同3人目)=15日、同校体育館(提供)

 署によると8月22日午後6時ごろ、照屋公民館近くの路上で女性が時折うずくまったりしながら歩いていたところ、当時下校途中だった2人が声を掛けた。2人は女性から「家まで送ってほしい」などと言われ、荷物を持ち女性を支えながら自宅まで数分間付き添ったという。

 女性は持病があり、日頃から酸素ボンベや薬を携帯していて、この日は帰宅途中にボンベが切れてしまった。「倒れそうになるぐらい苦しかった」と振り返り2人が介抱してくれたことに「心強かった」と語る。

 感謝の気持ちを伝えようと翌日同校に連絡。署にも相談し今回表彰が実現した。女性は2人に花束を渡し「助けてくれてありがとう。これからも頑張ってね」と声を掛け、固い握手を交わした。

 仲村さんは「最初に会ったときより元気そうで良かった。これからも学校生活を頑張りたい」、金城さんは「今後も困っている人を見かけたらしっかり声を掛けたい」と話した。

 大城署長は「お2人の勇気ある行動をたたえたい」と称賛。同校の與志平洋子校長は「我が校の誇り。今後も地域の方々に応援されるような生徒でいてほしい」とほほ笑んだ。