沖縄県内の公立中学校で、性別に関係なく制服のズボンやスカートを選べる制服選択制が広がりつつある。糸満市立西崎中学校と同校PTAは今月10日、陳情を出していた生徒会に、校則変更を認める回答をした。今後、年明けの導入を目指して制服業者と調整する。県教育庁によると、上山中学校(那覇市)や鳩間中学校(竹富町)など計4校がすでに選択制を導入しているか、導入を予定している。(社会部・徐潮)

イラスト・いらすとや

 西崎中のきっかけは、神里一吉校長と生徒会との懇談会。高校で進む制服選択制が話題になった。その後の生徒会の話し合いでも「違和感のある制服を無理して履くより、履きたいものを履いて楽しい学校生活を送りたい」などの意見があったという。

 同校は5月29日に全学級調査を実施し、制服の「希望制」が多数を占めた。6月14日には生徒総会で校則変更を求めて決議し、9月27日に生徒会長の照屋規翔のりとさん(15)が、校長とPTA会長宛に陳情書を提出した。

 照屋さんは「時間をかけて陳情書を作った。これで校則が変わったらうれしい」と喜んだ。

 生徒の主体性を促してきた神里校長は「自分と違う存在を排除する大人になってほしくない。学校や社会をより良くするために、陳情の仕組みを学び使ってもらいたい」と歓迎し、PTAの又吉会長も「初めて生徒側から陳情を受けた。次の生徒も続いてほしい」と笑顔で話した。

 県教育庁によると、高校では浦添高校や那覇高校、西原高高校をはじめ、28校が選択制を導入しているか導入予定となっている