【平安名純代・米国特約記者】米議会調査局は「日米関係に関する米議会の課題」と題する最新報告書を公表した。日米防衛協力体制は強化されているとし、懸念事項として沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題と来年3月に改定予定の駐留経費の負担に関する特別協定(思いやり予算)を挙げている。 報告書は10月1日付。