台風19号の被災地を支援しようと、那覇市は16日から、庁舎内に募金箱を設置した。集まり次第、日本赤十字社を通して被災地に届ける。市泉崎の本庁舎のほか、首里・真和志・小禄の三つの支所にも設置している。 市は被災した地域などからの要請があれば職員を派遣する方針。