ANAホールディングス(東京都、片野坂真哉社長)が遠く離れたロボットへ自らの視覚や意思を転送し操作する、アバター事業の実証実験を沖縄で本格化する。アバターはインターネットを通じて自分の分身となって景色を見たり、観光体験をしたりする存在。