共同通信 ニュース

即位礼、令和考案の中西氏参列へ 林真理子氏も

2019年10月18日 19:24

 政府が18日に発表した天皇陛下の「即位礼正殿の儀」の参列者には、新元号「令和」を考案した中西進元大阪女子大学長も含まれていた。「各界代表」枠での選出。4月1日の新元号決定に先立つ「元号に関する懇談会」のメンバーも多数含まれ、榊原定征前経団連会長や作家の林真理子氏、宮崎緑千葉商科大教授らも参加する予定だ。

 安倍晋三首相が初の国書(日本古典)からの元号採用を希望する中、中西氏が現存する日本最古の歌集「万葉集」から令和を提出した経緯がある。天皇、皇后両陛下と食事を共にする25日の「饗宴の儀」には山中伸弥京都大教授が出席する。(共同通信)

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気