質疑応答のさなか、外野から罵声が飛んできた。 「絶対良くは書かないでしょ、あなたがたは。証拠あるのか、あるのか、みたいに言うけど」 9月、川崎市の公共施設で開かれた裁判の報告集会。報告者の佐久間吾一氏はなおも話そうとするが、外野の支援者が割って入って終わらせた。 取材者は私を含め4人。