沖縄労働局(福味恵局長)は18日、2018年度に長時間労働が疑われる県内の213事業場に実施した監督指導の結果を発表した。