台風20号は強い台風となり、21日には暴風域を伴って、沖縄地方や奄美地方に接近するおそれがある。気象庁は沖縄地方や奄美地方で、強風や高波、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、竜巻などの激しい突風や落雷への注意を呼び掛けている。

台風20号の針路予想図(気象庁HPより)

 20日は、強い勢力を保ったまま次第に進路を北東に変えながら進む見込み。21日には、温帯低気圧の性質を帯び、やや勢力を弱めて北東へ進み、沖縄地方や奄美地方には、暴風域を伴って接近するおそれがある。沖縄地方が暴風域に入る可能性は低い。その後、日本の南を北東へ進み、23日には温帯低気圧となる見込み。

 台風はその後、本州方面へ向かう。日本列島では、秋雨前線が発生する可能性もあり、台風の接近で前線の活動が活発となり、まとまった雨が降る恐れがある。

 沖縄地方では、21日明け方から昼過ぎにかけて、非常に強い風が吹いて海はしけとなる。最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル、波の高さは5メートルと予測。21日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で100ミリ。
  
 気象庁によると、台風は20日午前6時には沖縄の南、北緯23度05分、東経127度40分の海上にあり、時速約20キロの速さで北北東へ進んでいる。中心気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径70キロ以内では風速25メートル以上の暴風。中心の北西側330キロ以内と南東側220キロ以内では風速15メートル以上の強風となっている。