気象庁によると強い台風20号は20日午前9時、那覇市の南約310キロを時速20キロで北北東へ進んでいる。沖縄旅客船協会によると、19日は沖縄本島と渡嘉敷を結ぶ2便が欠航、南北大東航路は同日の出港を21日に延期した。20日は本島と水納島を結ぶ全8便の欠航が決まっている。

台風20号の進路予想図(気象庁HPより)

 台風の中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。台風は勢力を保ち、21日にかけて沖縄本島地方と大東島地方へ接近する見込み。台風の進路によっては暴風となる恐れがある。