沖縄タイムス+プラス プレミアム

「そこまでしなければならないのか…」 沖縄知事の直訴、米軍基地問題の異常さの現れ

2019年10月20日 19:23有料

 玉城デニー知事は18日(日本時間19日)、ワシントンDCで米国防総省、米国務省の当局者に名護市辺野古の新基地建設の計画見直しを求め、就任2度目の訪米日程を終えた。米政府の反応は従来通り「辺野古が唯一の解決策」。ただ、訪米の柱とした米議会議員との面談では、辺野古問題を独自に調査する考えを示す議員も。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気