強い台風20号(ノグリー)は20日午後3時現在、沖縄県南大東島の南西を時速20キロで北北東へ進んでいる。21日明け方に大東島地方へ最接近し、同日未明から朝にかけて暴風が吹く見込み。

台風20号の進路予想図(気象庁HPより)

 沖縄気象台によると、大東島地方には20日夜のはじめ頃、暴風警報が発表される見通し。沖縄本島地方が暴風域に入る可能性は低くなったという。

 台風の中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで中心から半径70キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心から半径220キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 大東島地方では20日夜遅くから非常に強い風が吹き、21日未明から朝にかけて暴風となる恐れがある。沖縄本島地方には20日夕方から夜遅く最も接近する見通しで、強風に注意が必要だ。

 21日の予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄本島地方15メートル(25メートル)、大東島地方25メートル(35メートル)。

 台風は北上し、21日午後3時には鹿児島県種子島の南東に達する見込み。台風はこの後、温帯低気圧に変わると予想されている。