気象庁によると21日午前5時29分、台風20号や台風から変わった温帯低気圧が接近する。西日本から東日本の太平洋側を中心に21日夜から22日は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意を、また、大東島地方では21日朝にかけて高波への警戒を呼び掛けている。

台風20号の経路予想図(気象庁HPより)

21日3時から26日3時までに、台風20号の暴風域に入る確率(気象庁HPより)

台風20号の経路予想図(気象庁HPより) 21日3時から26日3時までに、台風20号の暴風域に入る確率(気象庁HPより)

 台風20号は、21日午前3時には南大東島の北約140キロにあって、1時間におよそ30キロの速さで北東へ進んでいる。中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで中心から半径70キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風は暴風域を伴って21日朝にかけて奄美地方に接近する見込み。また、台風の北側に前線が停滞しており、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発となっている。台風は次第に温帯低気圧の性質を帯びつつ日本の南を北東へ進んで、22日未明には紀伊半島の南海上で温帯低気圧となる見込みだ。

 台風から変わった温帯低気圧は前線を伴って、22日夜遅くにかけて西日本から東日本の太平洋側を北東へ進み、23日未明には三陸沖に達する見込み。

 前線や台風の周辺では発達した雨雲により、海上を中心に雷を伴った猛烈な雨や非常に激しい雨となっている。

 奄美地方では、21日朝にかけて前線や台風周辺の発達した雨雲がかかり、大気の状態が不安定となって、雷を伴った激しい雨の降る所がある。また、台風の北側の前線が北上し、九州南部では21日朝から夕方にかけて雷を伴って激しい雨が降る見込み。その後、台風から変わった温帯低気圧が接近し、西日本から東日本の太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となり、21日夜から22日は雷を伴って非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。

 土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意が、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要だ。気象庁は、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてるよう呼び掛けている。

 台風第19号による記録的な大雨により、河川堤防等が損傷を受けた地域では、普段では災害が起きないような雨量でも洪水の危険度が高まるおそれがある。

 大東島地方や奄美地方では強い風が吹き、大東島地方では大しけ、奄美地方ではしけとなっている。大東島地方では21日朝にかけて大しけとなる見込み。今後、台風や台風から変わった温帯低気圧の接近に伴い、22日にかけて西日本から東日本の広い範囲で強い風が吹き、波が高くなる見込みだ。