重度の障がいがある那覇市立小禄中学校2年生の湯地駿羽(ゆじ・はやと)さん(14)とその家族が、12月の修学旅行の付き添いにかかる費用の公的支援を那覇市教育委員会に求めている件で、20日付本紙記事を読んだ那覇市の翁長良也さん(66)が21日、「ぜひ参加してほしい」と沖縄タイムス社に寄付金1万円を託した。

秋休みを前に担任の仲本政毅さん(右)と一緒に写真に納まる湯地駿羽さん=11日、市立小禄中学校(提供)

 翁長さんは、以前勤めていた会社で障がい者の移動時の様子を目の当たりにしたことがあり、「大変だと思うが、行って経験を積むことは大切なこと。どんどん行くべきだと思う」とエール。「障がい者に優しい那覇市であってほしい。支援が少しでも広がれば」と願った。