沖縄県基地対策課は21日午後、沖縄防衛局からの不確定情報として、18日午前5時40分ごろ、米軍の特殊作戦機MC130Jから縦3フィート、横3インチ、重さ約8ポンド(約3・6キロ)の部品が離陸または着陸の際に落下したという。事実関係を米側に確認している。

3・6キロの部品を落下させた米軍のMC130J特殊作戦機の同型機

 県は18日午後9時45分ごろ、防衛局から駐日米大使館からの情報として連絡を受けたという。さらに19日午後1時前、防衛局から同大使館からの追加情報として「落下物は洋上または米軍が管理する飛行場内に落下した可能性が最も高いと思われる」という連絡が入ったという。

 県は同機の所属や落下した部品の詳細など、事実関係を防衛局を通じて照会しているが、21日午後5時の時点で米側からの回答はないという。

 MC130特殊作戦機は嘉手納基地に常駐するほか、外来機として普天間飛行場に飛来することもある。