文化庁が所管する独立行政法人・日本芸術文化振興会(芸文振・河村潤子理事長)が文化活動への助成金を「公益性の観点から不適当と認められる場合」に内定や交付決定を取り消すことができるように改めた。