浦添市の国立劇場おきなわの普及公演「組踊鑑賞教室 執心鐘入」が16〜19日、同劇場であった。若手実演家が案内役となって鑑賞のポイントや決まり事、地謡の楽器などを分かりやすく解説した。17日午前の公演を取材した。 案内役を務めたのは上原崇弘。