【東京】琉球舞踊重踊流「志田房子・真木の会」が7日、東京都千代田区の国立劇場で開かれた。芸歴80年を迎える初代宗家志田房子が、円熟の至芸を披露。二世宗家である娘の真木や重踊流門下生らが情感あふれる舞で彩りを添え、満員の約520人の観客を魅了した。