「事故物件住みます芸人」として知られる松原タニシさんの新著「異界探訪記 恐い旅」がこのほど出版された。約2年かけて心霊スポットや事故現場など全国200カ所の「異界」を巡る旅を記録した。沖縄からは風葬の場所などが紹介されている。

「異界探訪記 恐い旅」を出版した松原タニシさん=18日、沖縄タイムス社

 18日、沖縄タイムス社を訪れた松原さんは「沖縄は歴史と文化に密接していて勉強になる。恐い物見たさや度胸試しだけでなく、経験値を積む旅になった」と振り返った。

 前著「事故物件怪談 恐い間取り」が8万部を突破した松原さんは「沖縄でも事故物件があれば住んでみたい」と話している。