観光の現場で、働く人も観光客も困ることの一つ。「言葉の壁」!

 沖縄を訪れる外国人観光客は、沖縄の豊かな自然やマリンレジャーだけに魅力を感じているわけではない。「外国人観光客実態調査(空路)」(沖縄県、2018年度)によると満足度が一番高かったのは旅先での「おもてなし」(68.1%)。

 一方で満足度が一番低かったのは「外国語対応能力」(38.7%)だった。言い換えれば、沖縄のホスピタリティーは伝わっているようだが、「言語の壁」には困っていることが分かる。

企画・制作 沖縄タイムス社営業局