第22回高良憲義個展が22日、那覇市民ギャラリーで始まった。基地問題や環境汚染などを題材にした9作品が展示されている。27日まで。 「普天間移設で腐海化する辺野古の海」は白骨化したジュゴンや死んだサンゴの上に雨のように降る汚染物質や、土砂を投入するトラック、オスプレイなどがモノトーンで描かれている。