名古屋市は23日、市立西部医療センターで、直腸がんの疑いがあるとの画像診断結果を医師が見落とし、70代の男性患者が4月に死亡したほか、治療中に意識を失った60代女性患者への対応を誤り、死亡させるミスがあったと発表した。(共同通信)