名護市辺野古の新基地建設を巡る県と国の裁判で、福岡高裁那覇支部は行政法学者らから批判が根強い「国の私人成り済まし論」を認める初の司法判断を示した。国策遂行に向け、なりふり構わない国の強引な手法にお墨付きを与えたと言え、今後の基地問題を巡る対応にも影響を与えそうだ。