新生児集中治療室(NICU)と新生児回復治療室(GCU)を備える沖縄県内8カ所の総合・地域周産期母子医療センターで4月から満床状態が続いている。特にハイリスク出産に対応する総合周産期2カ所(南部医療センター・こども医療センターと中部病院)の満床が深刻で、県は23日、早産予防を呼び掛けた。