沖縄科学技術大学院大学(OIST)は11月16日午前10時から、恩納村谷茶のキャンパスで「サイエンスフェスタ2019」を開催する。液体窒素でアイスクリームを作る科学実験や、研究施設の見学など20以上のプログラムがある。入場無料。

サイエンスフェスタへの来場を呼び掛ける梅島莉沙さん(OIST提供)

 午前11時半からは、OISTのクリストファー・ペトコフ研究員が「科学のマジック」と題したサイエンスショーを披露。ひもを使わずに物を浮かせるなど魔法のような世界を科学で説明する。

 OIST広報担当の梅島莉沙さんは「サイエンスフェスタは年に1度きりのチャンス。子どもも大人も楽しめるプログラムが満載です」と来場を呼び掛けた。

 当日は県庁前から無料シャトルバスを計3便運行する。10月25日午前10時からウェブで予約開始し、定員に達し次第締め切る。問い合わせはOIST地域連携セクション、電話098(966)2184。