沖縄県が25日に発表した、9月の訪沖観光客数は前年同月比1%(7800人)増の80万9300人だった。日韓関係の悪化に伴う、旅行客の減少が続く韓国客は79.1%(3万1800人)減の8400人で、5年半ぶりに1万人を割り込んだ。

(資料写真)那覇空港

 日韓関係悪化に伴い、韓国内で訪日旅行を自粛する動きが高まっていることや、航空路線の減便・運休などが大きく影響した。航空路線は前年同時期と比べ40便減の32便だった。

 県によると10月末以降も航空路線の減便が予定されており、52便減の25便となり、今後も韓国客は減少する見通しだ。