沖縄県内企業の知的財産権に対する意識が高まっている。特に、商品やサービスに使用するロゴやブランド名などを保護する「商標権」が浸透。全国の申請件数が5年前と比べて45・1%増に対して、県内は50・3%増えた。登録件数も全国の伸び率を上回る。