沖縄タイムス+プラス ニュース

比嘉大吾、復活へ「一度は辞めようと思った」

2019年10月26日 06:00

 世界ボクシング評議会(WBC)元フライ級王者で、浦添市出身の比嘉大吾24=白井・具志堅スポーツ=が年明けの復帰を目指して本格始動した。昨年4月、計量失敗で世界のベルトを剝奪され、「一度はボクシングを辞めようと思った」と語る。今月、日本ボクシングコミッション(JBC)がプロライセンス無期停止処分を解き、再びグローブに拳を通した。約1年半の処分期間中、何を考えていたのか。何を原動力にもう一度リングへ向かうのか。本紙の取材に胸中を明かした。

復帰を目指し、友利正トレーナーのミットにパンチを打ち込む比嘉大吾=白井・具志堅スポーツジム(小笠原大介東京通信員撮影)

 豪快なパンチが、乾いたさく裂音とともに友利正トレーナーのミットへ打ち込まれる。インターバル中、比嘉は汗を拭いながら「体が重い」と息を切らした。その拳にはまだかつてのキレは戻っていないものの、15勝15KOを生み出した破壊力は健在だ。

 栄光のさなかに計量失敗でプロ失格の批判を浴び、全てを失った。一方、フライ級の限界を超えた減量苦から解放され「ボクシングは嫌いにはならなかったけど、しばらくはやりたいとも思わなかった。練習もプライベート優先で行ったり行かなかったりが続いた」という日々を経験した。

 ひと回り大きくなった背中からは、ボクシングと再び向き合おうとする決意を感じた。なくしたものを一つずつ取り戻すかのように。(小笠原大介東京通信員)

名伯楽のミット―ボクシング王国・沖縄金城眞吉の道
磯野 直
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 635,938

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気