【東京】日本自然保護協会は25日、米環境NGOが選ぶ世界で最も重要な海域「ホープスポット」に、名護市辺野古・大浦湾一帯が認定されたと発表した。希少な生態系を守ろうと、大浦湾で進む新基地建設の見直しを呼び掛けている。

ホープスポットに認定された辺野古・大浦湾一帯

大浦湾のアオサンゴ(牧志治さん撮影、日本自然保護協会提供)

ホープスポットに認定された辺野古・大浦湾一帯 大浦湾のアオサンゴ(牧志治さん撮影、日本自然保護協会提供)

 大浦湾を中心に、名護市天仁屋から宜野座村松田までの44・5平方キロの海域。世界で110カ所以上が認定されているが、国内では初めて。

 ジュゴンなど絶滅危惧種262種を含む5千種以上の生物が生息する多様性や、その環境を新基地建設から守るという住民の意思が評価された。認定により、世界のホープスポット関係者と連携することで行政の開発行為に対し監視を強めるなど、環境保全効果が期待できるという。

 日本自然保護協会の安部真理子さんは会見で「(新基地建設が進む)逆境を覆して、次の世代に残していきたい」と話した。

 ホープスポットは同協会や「ジュゴン保護キャンペーンセンター」「ヘリ基地いらない二見以北十区の会」など計11団体で申請。世界的に著名な海洋学者のシルヴィア・アール博士が立ち上げたNGO「ミッション・ブルー」が認定した。