心不全で宜野湾市長の職を辞し心臓移植で命をつないだ安里猛さん(67)が10月、琉球大学医学部付属病院の医師らと連携し、心臓移植の患者と家族を支える会「芭蕉(ばしょう)の会」を立ち上げた。