沖縄タイムス+プラス ニュース

「SACO合意に反する」河野防衛相、米側に中止求める 嘉手納基地のパラシュート訓練

2019年10月29日 13:00

 【東京】米軍が29日午後に予定する嘉手納基地でパラシュート降下訓練を巡り河野太郎防衛相は同日の記者会見で、米側に中止を求めたことを明らかにした。

パラシュート訓練で嘉手納基地内に降下する米兵=5月21日午後4時13分、嘉手納町役場屋上から

 河野氏は「天候を条件として嘉手納でパラシュートの降下訓練が度々行われるのは、明らかにSACO合意に反する」と強く抗議した。

 米側は日本側の抗議に対し、嘉手納基地で実施する理由を明らかにしていない。河野氏は同日早朝までに、エスパー米国防長官に抗議しようと電話会談を試みたとしたがつながらなかったとし、日米防衛当局の局長レベルで日本側の懸念を申し入れたとした。

 同降下訓練はSACO合意に基づき伊江島で実施することになっている。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気