沖縄タイムス+プラス ニュース

「米軍の行動は異常」パラシュート降下訓練などに沖縄県が抗議

2019年10月30日 12:16

 沖縄県の謝花喜一郎副知事は30日、日米合意で「例外的」な場合のみ認められる米軍嘉手納基地でのパラシュート降下訓練を米軍が29日に実施したことを受け、外務省の沖縄大使、沖縄防衛局長を県庁に呼び出し抗議した。米空軍のMC130J特殊作戦機の部品落下、米兵による刑法犯罪の多発なども抗議した上で「最近の米軍の行動は異常と言わざるを得ない」と強く批判した。

夜間パラシュート訓練で嘉手納基地に降りる米兵=29日午後6時47分、嘉手納町役場から(下地広也撮影)

 玉城デニー知事は上京し防衛省、外務省などにあらためて抗議を検討。また、県は11月1日以降に米軍を県庁に呼び出した上での抗議を調整している。

 パラシュート降下訓練は日米がSACO合意で基本的な訓練場所を伊江島補助飛行場と合意した。一方で、米軍は伊江島の気象・海象条件が整わないことなどを理由に「例外的」に嘉手納で訓練しており、今年に入って実施された4回はSACO合意後で最多。謝花副知事は嘉手納での訓練の常態化を指摘した上で「河野太郎防衛相が米軍に抗議したことは評価する。しかし、その対応をマスコミが『異例』とするのはおかしい。SACO合意を守るのは当たり前だ」との考えを示した。

 MC130Jは18日に部品が落下したが、正式な情報が米軍から防衛局や県に説明があったのは1週間後の25日だった。謝花副知事は「米軍の事故の迅速な通報体制は日米合同委員会で合意されている。体制をあらためて合同委で検証、改善し、内容を公表してほしい」と要請した。

 田中利則防衛局長は米軍が今回の降下訓練を例外的とする十分な説明がないこと、部品落下事故の通報が在沖米軍から防衛局になかったことを受け「一連の米軍の対応は不適切だ」との述べ、米軍と問題点を協議する考えを示した。

 川村裕沖縄大使も降下訓練について「現時点の米側の説明だけでは『例外的』に該当すると判断するのは困難で、(訓練は)極めて残念だ」と述べた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間