うるま市議会(幸地政和議長)は7日の本会議で「選択的夫婦別姓制度の法制化を求める意見書」を賛成多数で可決した。政府および国会に対し制度の議論を進めるように促すもので県内初。意見書のきっかけとなったのは1人の市民が始めた請願活動だ。