沖縄タイムス+プラス ニュース

「沖縄のシンボルが…」首里城が炎上、正殿と北殿は全焼 住民に避難呼び掛け

2019年10月31日 06:34
 

 31日午前2時40分ごろ、那覇市首里の首里城公園で、「煙が見える」と警備員から119番通報があった。那覇署によると、首里城正殿から火が上がり、正殿と北殿が全焼した。隣接する南殿も燃えているという。消防車両約20台、消防隊員50人以上が出動。午前5時半現在も消火活動が続いている。けが人はいない。警察が周辺住民に避難を呼び掛けている。

炎上する首里城

完全に焼け落ちた首里城正殿=31日午前7時3分、那覇市首里金城町(小型無人機で撮影)

激しく炎を上げ燃える首里城

守礼の門前で公園内に入ろうと待機する消防車両=31日午前4時半、那覇市首里

空から見た首里城公園

戦火にさらされた首里城

龍潭池付近から炎上する首里城を見上げる地域住民ら=31日午前6時12分、那覇市首里

炎上し、崩落する首里城正殿=31日午前4時33分、那覇市首里

龍潭付近から炎上する首里城を見上げる地域住民ら=31日午前5時53分、那覇市首里

焼け落ちる前の首里城正殿

炎上する首里城 完全に焼け落ちた首里城正殿=31日午前7時3分、那覇市首里金城町(小型無人機で撮影) 激しく炎を上げ燃える首里城 守礼の門前で公園内に入ろうと待機する消防車両=31日午前4時半、那覇市首里
空から見た首里城公園 戦火にさらされた首里城 龍潭池付近から炎上する首里城を見上げる地域住民ら=31日午前6時12分、那覇市首里
炎上し、崩落する首里城正殿=31日午前4時33分、那覇市首里
龍潭付近から炎上する首里城を見上げる地域住民ら=31日午前5時53分、那覇市首里 焼け落ちる前の首里城正殿

 午前4時半ごろには正殿の骨組みなどが焼け落ちたのが確認された。

 現場付近では周辺住民に警察が避難を呼び掛けた。ぼうぜんとして首里城を見つめる住民らの姿も。近くに住む18歳の女性は「家のベランダまで火の粉が飛んできて降りかかってこないか怖かった」と話した。

 50歳女性は「サイレン音で起こされて、見ると首里城が燃えていた。沖縄のシンボルが失われるのが悲しい」と心配そうに見つめた。

 首里城公園では27日から琉球王国時代の儀式を再現する首里城祭のイベントが開催されており、同署によると、31日未明まで催しの準備が行われていたという。

◆首里城とは

 1429年に成立した琉球王国の政治、外交、文化の中心で、1879年に最後の国王尚泰が明治政府に明け渡すまで栄えた。築城は14世紀半ばから後半とみられ、丘陵の地形を巧みに利用して造られている。戦前は国宝に指定。沖縄戦で焼失した。戦後、県が「守礼門」や「歓会門」を再建。正殿は琉球独特の宮殿建築で1992年、沖縄の日本復帰20周年を記念して国営公園として復元された。正殿前の広場は王国の重要な儀式が行われた場所。2000年、首里城跡が世界遺産に登録された。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間