沖縄タイムス+プラス ニュース

火元は正殿か 首里城炎上 那覇市消防局「午前11時に鎮圧」

2019年10月31日 11:55

 沖縄県那覇市の首里城の正殿などで焼失した火災で、那覇消防局は31日午前、那覇市銘苅の庁舎で2回目の会見を開き、「午前11時ごろに鎮圧した」と発表した。また、応援に入った消火活動中の消防隊員1人が脱水症状で搬送されたが、命には別条はないという。火災原因を調べるために同日中に、総務省からも調査員が沖縄に入る予定。

会見で首里城の火災について説明する(右から)那覇消防局の新城敏行警防課長、島袋弘樹消防局長、賀数勝消防団長=31日午前10時45分ごろ、那覇市銘苅

 同局によると、焼失したのは正殿、南殿、北殿など計7棟。ほぼ全焼とみられている。正殿の左側が勢いよく燃えているのが目撃されており、火元の原因について詳しく調べている。

連載・コラム
きょうのお天気