米軍のパラシュート降下訓練が嘉手納基地で常態化する状況を受け、日本政府は、日米が合意した「例外」の条件に当てはまるかどうかに焦点を当てている。ポイントは本当にそこだろうか。「例外」は2007年の日米合同委員会で合意した後付けの規定だ。地元、嘉手納町の理解を得ていない。