名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄県の埋め立て承認撤回を取り消した国土交通相の裁決を「違法な国の関与」として取り消しを求めた訴訟で、県は30日、訴えを却下した福岡高裁那覇支部の判決を不服として、最高裁へ上告した。早ければ年内にも判決が出る見通し。 県は同日、上告受理申立書を同支部に提出した。