沖縄タイムス+プラス ニュース

玉城デニー知事「首里城は必ず復元する」 寄付金の受け入れ準備、政府にも協力要請へ

2019年10月31日 17:40

 首里城火災について、沖縄県の玉城デニー知事は31日午後、県庁で記者会見し、「大変ショックだ。アイデンティティーのよりどころを失ってしまった」と心境を語った。その上で、「一日も早く復元してほしいという声が県庁に届いている。必ず復元する」と決意を示し、国内外に協力を求めた。

夜明けを迎えた首里城の火災現場。正殿(中央)は完全に崩落している

 復元への取り組みとして、「まずできるのは寄付金を受け入れる口座開設を準備している」と説明。また「全庁的に取り組む」と、各部局の対応をまとめているという。

 さらに、31日夜に上京し、11月1日以降、菅義偉官房長官のほか、所管の国土交通省、内閣府に火災について報告し、意見交換すると明かした。

 「復元への協力を求めるのか」との問いには「一義的にそうなるかもしれないが、多くの県民や世界のウチナーンチュが喪失感に襲われているので、政府としてできる限り協力してほしいとお願い申し上げたい」と語った。

 
 
 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気