沖縄タイムス+プラス ニュース

焼失した首里城で作業の業者 終了時に電源を二重チェック 「異常なかった」

2019年11月1日 06:20有料

 31日に主要施設が焼失した沖縄県那覇市の首里城。正殿前の「御庭」で機材設営に当たっていたイベント会社の従業員が、作業を終えて現場を離れたのは31日午前1時半ごろ。舞台で使う音響や照明機具、やぐらなどを設置する作業をしていた。

連載・コラム
記事を検索