沖縄タイムス+プラス ニュース

琉球王国時代の「宝」約3割、421点焼失 残りの被害状況不明

2019年11月2日 08:47

 首里城の正殿など7棟を焼失した火災で琉球王国時代の絵画、漆器、書跡、染織など沖縄美ら島財団の所蔵資料1510点のうち、3割近い421点が焼失したことが1日、分かった。2カ所の収蔵庫内にある1075点の被害状況は不明。県から運営を委託された指定管理者の同財団の花城良廣理事長らが首里城公園内で会見し、明らかにした。

首里城の火災現場で実況見分する那覇署員や消防隊員ら=1日午後0時23分、那覇市首里当蔵町(小型無人機で撮影)

首里城の火災現場で実況見分する那覇署員や消防隊員ら=1日午後0時23分、那覇市首里当蔵町(小型無人機で撮影)

 花城理事長は「近隣の方々、県民、国民、観光客の皆さまへご心配とご迷惑をお掛けしたことに深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 収蔵品は分散して保管。焼失したのは寄満(ゆいんち)多目的室に保管してあった尚家伝来の「雪中花鳥図」など407点と、扁額「中山世土」など正殿や南殿、北殿、書院鎖之間の常設展示14点。

 南殿収蔵庫には県指定有形文化財「白澤之図」など724点、寄満収蔵庫には同文化財の「黒漆菊花鳥虫七宝繋沈金食籠」「黒漆牡丹七宝繋沈金食籠」や尚家伝来の刀剣「青貝巴紋散合口拵」など351点が保管されていた。両収蔵庫は耐火性があり、ドアは焼けていない。中の状況は確認できておらず、被害を受けた可能性がある。

 また、火災発生時に延焼を防ぐ水のカーテン「ドレンチャー」が作動したことを確認。一方、警備員が正殿の周囲4カ所に設置された放水銃を使用しようとしたが火の回りが早く近づけず、防火設備が機能しなかったと明かした。

 火元とみられる正殿では営業時間後から出火までに、イベント準備の業者ら5人が立ち入り、10月31日午前1時43分に警備員が施錠した。外部から侵入した形跡がなく、県警は放火の可能性は低いとみている。

 一方、県警と消防は同日、首里城正殿を中心に焼け跡を実況見分した。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気