県産食肉や牛乳、卵などの消費拡大に向け、県産食肉等消費拡大推進協議会(会長・普天間朝重JAおきなわ理事長)は1日、県庁前県民広場で「うちな~いい肉の日」キャンペーンのオープニングセレモニーを開いた。

無料で配布された豚の丸焼きに集まる来場者ら=1日、県庁前の県民広場

 豚の丸焼き200食や牛乳などが無料で来場者に振る舞われ、親子連れや通行人らでにぎわった。

 同協議会は11月を「県産!畜産!ま~さん!月間」に制定。「いいにく」の語呂合わせで11月29日に向け、PR活動を展開している。29日の「いい肉の日」には、糸満市のファーマーズマーケットいとまんに隣接する特設会場で県産食肉の試食会などのイベントを開く。

 普天間会長は「生産者や流通関係団体が一丸となり、県産食肉など県産品の消費拡大に努めたい」と話した。