日本郵便沖縄支社と日本トランスオーシャン航空(JTA)は、沖縄の方言「島くとぅば」の普及活動の一環で1日から、島くとぅばとイラストが書かれた記念切手の販売を始めた。県内21カ所の郵便局と、JTA全路線の機内で取り扱う。

県内の21カ所の郵便局とJTAの全路線で販売する島くとぅばの記念切手

 切手のデザインは、JTAが機内で配布している島くとぅばシールを採用。「ハイサイ」や「チバリヨー」など10種類1セットで、島くとぅばの解説書もついている。販売価格は1700円(税込み)。

 日本郵便沖縄支社の比嘉明男支社長らが7日、那覇市のJTAを訪れ、記念切手を同社の青木紀将社長に贈呈した。

 比嘉支社長は「県民だけでなく、観光客にも親しまれるイラストだ。切手を通して島くとぅばの普及に努めたい」とあいさつ。青木社長は「島くとぅばが切手として全国を駆け巡り、多くの人に親しんでほしい」と話した。