日本分蜜糖工業会(上江洲智一会長)は8日、東日本の広い地域で甚大な被害をもたらした台風19号の義援金として、100万円を沖縄タイムス社(武富和彦社長)に託した。

台風19号義援寄付金を武富和彦社長(中央)へ託す上江洲智一会長(右から3人目)ら=8日、沖縄タイムス社

 上江洲会長は「台風19号の被害で今現在も生活に苦しんでいる方がいっぱいいる。困っているときはお互いさま」と思いを語った。また、近年多くみられる気象災害について「台風などに強い農作物の栽培方法を考えないといけない」と話した。