沖縄タイムス+プラス ニュース

燃え落ちる様子を間近で… 首里城火災 消防隊員が見た猛火

2019年11月9日 16:00

 猛烈な勢いで吹き上がる炎、しゃがんで熱を避けながら放水する消防隊員、跡形もなく崩れ去った正殿-。沖縄タイムス那覇市消防局から情報公開制度を使って入手した写真や動画には、未曽有の大火に見舞われた首里城の痛ましい姿が克明に映し出されていた。一部を紹介する。

全焼した正殿跡で残火処理する消防隊員=10月31日午後4時27分

公開された動画・写真に写る建物

火災で崩れ落ちた瓦などが地面に散乱していた=10月31日午後4時47分
 
 
 
燃え上がる南殿・番所に放水する消防隊員=10月31日午前5時29分
炎の中でそびえ立つ大龍柱=10月31日午前5時35分(提供動画から)
 
焼け跡に残った大龍柱。後ろでは水蒸気が立ち上る=10月31日午後4時25分
 
 
 
高温でぐにゃりと曲がった金属性の残骸=10月31日午後4時29分
火の勢いが強く、仲間に退避を呼び掛ける消防隊員=10月31日午前4時2分(提供動画から)
骨組みを残して燃え上がる南殿=10月31日午前4時41分(提供動画から)
近くに電気設備がある奉神門に延焼しないよう警戒する消防隊員。奥で燃えているのは北殿
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間