沖縄県浦添市は8日、市主催イベント参加者の氏名や住所などの個人情報を市のホームページ(HP)に誤って掲載したと発表した。91人分の個人情報が流出し、2日間見られる状態にあった。市は10月にも同様に、HPで個人情報を流出させている。

 市によると、観光振興課の職員が5日、HPに「てだこウォーク2020」の交流イベント申し込みデータをエクセルファイルで掲載した。ファイルの中に2016年の参加者の氏名、住所、性別が含まれていた。掲載後に課長と係長が確認したが、個人情報が含まれていることに気付かなかったという。

 市民から5日に指摘を受けてHPのデータを削除、6日にサーバーに一時保存されたデータも削除した。

 市は10月にも個人情報を含んだエクセルファイルをHPに誤って掲載した。再発防止策の一つだった研修は今月13、18日に予定されていた。市職員向け電子掲示板で「原則、エクセルではなくPDFで掲載する」など注意喚起したが再発を防げなかった。市は「担当者の認識が足りなかった。周知徹底を尽くす」としている。