パラ陸上の世界選手権第3日は9日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで行われ、男子400メートル(車いすT52)決勝で、上与那原寛和(SMBC日興証券)が1分3秒27で4位に入り、日本パラ陸連の規定で東京パラリンピック代表に内定した。