沖縄タイムス+プラス ニュース

転んでも泣かないめげない ツール・ド・おきなわ 一輪車大会沸く

2019年11月10日 09:00

 ツール・ド・おきなわ2019関連イベントの一つ「第27回一輪車競技大会」が9日、名護市民会館駐車場で開かれた。県内各地から小学生285人が参加し、各部門でスピードや技を競い合った。

ゴールを目指して懸命に一輪車をこぐ児童=9日、名護市民会館駐車場

 競技は80メートルスプリント、50メートルスラローム、4×100メートルリレー、演技の4部門。児童らが風を切って駆け抜ける熱戦の様子や転んでもめげずにこぎ出す姿に、観客が大きな声援を送った。

 タイムを競う80メートルスプリント低学年女子の部は学童クラブ日翔学園ながた校の嘉手納美羽さん(9)=宜野湾小3年=が優勝。「毎日練習したので優勝できてうれしい」と笑顔を浮かべた。同男子の部で頂点に立った日翔学園しまし校の新垣雄大さん(7)=志真志小2年=は「目標の1位になれた。もっといろいろな技ができるようになりたい」と胸を張った。

 同大会は名護市のスポーツ推進員20人が中心となって運営している県内唯一の一輪車大会。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気