沖縄タイムス+プラス プレミアム

「東洋のカリブ構想」の追い風に 22万トンクルーズ寄港可能、那覇新港北西側バース整備に着手

2019年11月11日 16:00

 国と那覇港管理組合(管理者・玉城デニー知事)は10日、那覇港新港埠頭(ふとう)の北西側の岸壁で、新たなクルーズ船の寄港拠点(第2クルーズバース)の整備事業に着手した。2020年4月以降に護岸の設置など本格的な埋め立て工事が始まる予定で、22年の供用開始を目指す。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気