共同通信 ニュース

サッカー日本、ビシケクで初練習 W杯アジア2次予選

2019年11月11日 20:57

 【ビシケク共同】サッカー日本代表は11日、キルギスとのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組第4戦(14日)に向けて敵地ビシケクで初練習し、1時間ほどで軽めに終えた。今年のW杯予選最終戦となる。

 W杯アジア2次予選のキルギス戦に向け、調整する吉田(中央)ら=ビシケク(共同)

 海外組の一部と国内組を合わせた13人が参加。気温5度前後と寒い中、吉田(サウサンプトン)や長友(ガラタサライ)らがボール回しなどでピッチの状態を確認した。森保監督は「ピッチは日本ほど良くはない。ミスが出てもプレーを続け、集中を切らさず戦う準備をしたい」と話した。

 日本は3連勝の勝ち点9でF組首位。キルギスは2勝1敗の同6で2位。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気